クレジットカードを駆使して賢く生活|ポイントが狙い目

利用時には注意が必要

手

最近は大手銀行系のカードローン会社から気軽にお金を借りることができるようになりました。しかし借り方について正しく理解しておかないと大変なことになります。カードローンで最も理解すべきことは、借入限度額です。借入限度額はカードローン会社によって異なります。銀行系の会社は総量規制対象外のため、会社によって借入限度額は変わってきます。消費者金融系の会社は最高限度額が500万円に設定されているところが多いですが、年収の3分の1以上までしか借りることができないという総量規制の決まりがあります。このようにカードローン会社によって借入限度額が決められていますが、誰もが限度額まで借りれるわけではありません。カードローン会社側が借りる人を審査して借入限度額が決められます。ではどのようにカードローン会社側が審査するかというと、借りる人の年収や職業、勤続年数、扶養家族の有無、過去の借入履歴や現在借金があるかなど、様々な角度で審査されます。これらの審査結果から総合的に判断して借入限度額が決まります。当然ですが年収が高かったり、公務員や大企業など安定した職場環境、勤続年数が長くて勤勉で真面目な人は借入限度額の評価が高くなります。絶対にしてはいけないことは審査資料に虚偽の内容を記載することなので気をつけましょう。実際の借入限度額ですが、審査によっては銀行系カードローン会社の場合、年収の3分の1以上の例もあります。限度額が高いと一般的に利率は下がります。